×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

お金を借りる審査なし 言い訳 口実

お金を借りる所はどこがいい?

お金を借りたいと思っても、どこで借りたらよいのかよく分からない。そうですよね、お金の問題ってとってもシビアですから、出来れば親や兄弟に借りれたら良いのですがそうもいかない場合も多いですよね。そんな時、お金を借りる所はどこが良いのかちょっと分からなくなりますね。

 

そういう時この二つを覚えておくと良いかもしれません。

 

お金を借りる所は大きく分けて2種類あります。
1つは銀行、もう1つは消費者金融です。
銀行は良く皆さんが利用しているので分かりやすいかと思いますが、消費者金融などは良くテレビなどでお金に困ったら○○!などとCMをしている所です。
良く聞く名前などでは、アコムやモビット、アイフルなどがありますね。

 

では、銀行と消費者金融は何が違うのでしょうか?
それは主に審査速度や金利の高さ、そして審査の厳しさが違ってきます。

 

審査速度においては、銀行より消費者金融の方が早いとされています、また、審査の厳しさも銀行より消費者金融の方がゆるく、借りやすいようです。しかし、金利の高さを比較した時に銀行より消費者金融の方が割高であり、借りる際にそこがネックになってくる人も居るようです。

 

お金を借りる所は、それぞれの借りたいプランに合わせて考えるのが一番良いでしょう。

友達からお金を借りる

お金が急に必要になってしまって困った、そんな時あなたがお金を借りる所はどこでしょうか?これだけはやってはいけない、そんなお金を借りる所は「友達」です。

 

友達にお金を借りたがためにその関係が壊れてしまった。こんな話をよく耳にします。
どんなに仲の良い友達だったとしても、数千円ほどの貸し借りでその関係がおかしくなってしまう。そんなことも往々にあり得るのです。

 

例えば、買い物に行った際に少しお金が足りなかったから友達に用立ててもらい、きちんと返済した後にも、買い物をするたびに「お財布は持ってる?お金は足りる?」などと毎回注意されるようになってしまい、もうその友達との買い物は楽しめなくなってしまった。

 

一度お金を借りただけなのに、その友達との上下関係が出来てしまい、もう普通の友達では無くなってしまった。など、本当に少しのきっかけで友人関係がくるってしまうこともあるのです。

 

もし、お金を借りる所を友達にしようと考えているのならば、それだけは絶対に止めた方が良いと進言します。

 

親や兄弟からお金を借りることも良いこととは言えませんが、友人にお金を借りることよりはずっとマシかもしれません。
何故なら、血縁関係は切れませんが友達の関係は簡単に切れてしまうからです。

 

お金を借りる時の口実

お金が足りないと思った時に知人や家族などにただお金を貸してと言っても
簡単に貸してくれるわけではないでしょう。

 

かと言って下手な口実をつけてお金を借りようとすれば
お金を借りる為のいいわけだと思われて結局借りられないという事になるんだと思います。

 

こんな時は下手な理由を考えたりせずに
素直に話す方が相手も親身に考えてくれる事でしょう。

 

嘘偽ってお金を借りようとすればそれはそれで信頼性に欠けてしまうというもの。

 

例えば消費者金融などから今はお金が借りれない事情があって生活費に困っている
給料前でお金が無い又は支払いなどで今月が厳しい。

 

このようにちゃんとした理由があれば
貸し手側としてもまず無視するような事はしないでしょう。

 

一番いけないのは友人を騙したり嘘をついてまでお金を借りたりする行為自体です。

 

本音を言ってもお金を貸してくれるとは確かに限りませんが
嘘をついてお金を借りた時は良くても後からその嘘が何らかの形で発覚されてしまった場合

 

以後お金に困っている時にお金を貸してくれないという事となるかもしれません。

 

信用性を失ったり又は相手を裏切るような人に優しくしてくれる人はまずいないと言っておきましょう。

 

いざお金を借りたいと思った時は嘘偽り無く本音で接し
だめなら違う方法を考える。

 

それでもどうしても相手を騙してまでお金を借りるような事があれば
まず人として自分を疑うべきなんだと思います。

 

お金を借りる為とは言え
出来るだけ自分と相手の為にも嘘はつかないでお金を借りれるようにしたいものです。

お金を借りたい時に考えられる色々な言い訳

お金が無くて止むを得ずお金を借りたい人は日常
どんな理由で人からお金を借りていますでしょうか?

 

知人や友人にお金を借りる際はすぐに返すから今月の携帯代貸してとか
生活費が足りないから貸してとか急な出費や必要経費を理由に借りる人が多い事だと思います。

 

素直に理由を話してお金を貸してくれる人ならば
それで良いのですが中にはそれ位自分でなんとかしろと冷たい人もいたり
お金を貸してくれない人もいるかもしれません。

 

そんな時は大袈裟にならない程度に少しの嘘なら許される場合もある事だと思います。

 

本人が金銭の悩みで苦しむよりも嘘も方便というように
束の間の嘘であれば何とか致し方なく許されるような気も致しますからね。

 

相手によってはお金を借りたい時にちょっとした嘘を重ねておいた方がお金が借りられるという事も実際にあったりするでしょう。

 

例えば風邪やちょっとした病を口実に薬代を貸してほしいとか病院代が無くて困っているなど
体に関わる問題であれば職場の同僚や上司が理解してくれてお金を貸してくれる場合があります。

 

他には親戚の人が入院して見舞いに行きたいが交通費やその他見舞い品を購入する金額が事足りていない為
その費用として一時的にお金を借りたいと言えばこれも応じてくれる可能性はあるでしょう。

 

ただ間違ってもギャンブルや風俗などの娯楽資金としてお金を借りたいなどは絶対に口が避けても言ってはいけません。

 

あくまで自分のお金としてではなく
第三者によって発生した急なお金の入用を口実にするようにして下さい。

 

更に欲張って金額を多めにしてとかあまり催促はしない方が良いです。

 

もしかしたらせっかくお金が借りれていたかもしれないのに
欲を出したばかりに嘘だと見抜かれてしまったりお金を借りれない状況となってしまうかもしれませんからね。

 

借りる金額はあくまで必要費用のみ前提なので
その範囲内で設定しておくようにしたいです。

 

それと何度もこの手でお金を借りようとしたら
どんなに鈍感な人でもさすがに嘘だと気付くと思いますので
本当に本当に困った時にだけこの口実は使うようにしましょう。

更新履歴