×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

お金を借りる理由 タイミングも大事

お金を借りる理由も大事だけどタイミングも大事?

貴方がもし消費者金融などからお金が借りられず
生活費などに困っていたり
返済などに追われて大変だった場合
友人や身内などからお金を借りるという事に嫌でもなると思います。

 

そんな人はお金を借りる理由を考えてはどうにか
うまい口実をつけられるように必死に悩まれている事ではないでしょうか?

 

確かにちゃんとした理由が無ければ
お金を貸す側も貸したくないというものだったりしますからね。

 

それなりに相手が納得する理由、口実を考えなければいけません。

 

ただ意外と理由よりも大事なのが相談を持ちかけるタイミングだったりもします。

 

例えば借金の支払い返済が足りないから少し貸してほしいなどと本心を相手に打ち明けても
せっかく本音を言ったのに相手に話すタイミングが悪かったから返事はNOという事にもなったりするでしょう。

 

又これとは逆にどんな理由であれど
相手が上機嫌だったり話せるタイミングに一致していたらそれ程真剣に悩んで相談しなくても
返事はOKだったりします。

 

要は自分の話すタイミングと相手が相談を受け入れるタイミングに問題が無ければ
自然とお金が借りられる成り行きとなっていくものだったりするんです。

 

誰でも給料前では資金不足でイライラしている事かもしれませんが
給料日のすぐ後は割とニコニコされているものだったりするんだと思われます。

 

相手にお金を借りる理由だけ述べても
相手側が聞く耳持たなければ意味がないという事になります。

 

よってお金を借りる理由よりも話すタイミング
相談に持ちかけるタイミングが大事だったりするんだと思います。

 

話すタイミングさえ間違えなければ
相手は自分が思った程怒ったり対応が悪いという事はないのではないでしょうか?

 

更にうまくいけば借用者も書かなくて良かったり
すぐに手渡しで快く現金を貸してくれる可能性だってあります。

 

お金を友人や身内から借りたいと思っている人は是非ともお金を借りる理由だけでなく
ここぞというベストなタイミングも伺ってみて下さい。

 

これが出来る人と出来ない人とでお金が借りられる可能性は天と地の差と言っても良いでしょう。